『成績アップ』を含むコンテンツ

学習塾で成績アップする生徒は全体の2割

お子様を学習塾へ通わせる場合、
間違いなく目的は成績アップですね。

ところが、データによると、
学習塾で成績アップする生徒は全体の2割
なのです。

さらに言うならば、
その2割の中には、塾のおかげで成績アップしたわけではない子も含まれます。

つまり、塾へ行かなかったとしても成績は上がっていたと思われる子です。

そう考えると、学習塾でお子様が成績アップする確率は非常に低いと言えます。

従って、半年待って成果がなければ、塾を辞めたほうが良いでしょう。
半年というのは最長で、という意味です。

たいていは3ヶ月も成果無し、あるいは成績が下がるようでは望みは薄いでしょう。
そもそも、お子様が勉強に対して「やる気」にならない段階で駄目と判断出来るとも言えます。

学習塾で中学生が成績アップするには、
塾のシステムだけでなく、講師との相性もありますから、
成果が期待出来ないと判断した際には、
早々に別の塾にするなり、講師を変えるなり、

何らかの手段を講じる必要があるでしょう。

中学生は、最長でもわずか3年しかありません。
お子様には無駄にする時間の余裕はありませんし、
無駄にした時間は決して戻ってきません。

ご注意下さい。


学習塾は一斉指導か個別指導か?

半田市で中学生を学習塾に通わせようと考えたとき、
一斉指導の塾を選ぶべきでしょうか? それとも個別指導のほうが良いのでしょうか?

これについては、どちらが良いとは一概には言えません。

まず、基本的な話をすれば、
現時点での成績があまり良くない中学生は一斉指導は難しいでしょう。
成績が良くない場合は、個別指導の塾を選んだほうが無難です。

何故なら、半田市に限らず、成績不振の中学生をターゲットとした学習塾は、
その経営が成り立たないため、いわゆる補習塾はなくなってしまうことが多いです。

それもそのはず。「成績の悪い子が行く塾」というレッテルを貼られた塾は、
親としてお子様を行かせたいですか? 中学生の人も行きたいと思うでしょうか?

ですから、当然のように敬遠されて、生徒があまり集まらないことが普通です。

従って、一般的には成績がある程度良い中学生は一斉指導、
あまり成績が良くない中学生は個別指導のほうが良いと言われています。

もちろん、成績が良い中学生は個別指導でも問題はありませんが。

ただし、半田市の学習塾で、勉強法を教えるとか、勉強のコツを教えるとか、
やる気のない子にやる気を出させるとか、そのような謳い文句の塾に、
勉強法やコツ、中学生の勉強にたいするやる気を引き出すことを期待しても無駄です。

そんなものがあれば、塾は不要になりますから、
実際のところは、小手先のテクニックを教えてくれる程度です。

小手先の勉強テクニックは、かえって悪影響を及ぼすこともありますから要注意です。

また、やる気についても、一時的なやる気は引き出してくれますが、
それはあくまでも営業の一環であって、中学生がその気にならないと、
学習塾に申込みをしてくれないため、一時的にやる気にさせるだけのことです。

そして、そのような塾では、それ以上のやる気を出させる術は持っていません。
やる気がどうこう言ったところで、あくまでも営業のためだけの技術があるだけです。

その点は、お間違いのないようにして下さい。